内痔核と外痔核は症状が違う

内痔核と外痔核は症状が違う

いぼ痔というのは、肛門にいぼのような腫れができおている状態です。歯状線をはさんで、肛門の内側にできるなら内痔核(ないじかく)、外側にできるものを外痔核(がいじかく)と呼んで区別します。いぼ痔では、肛門に負荷がかかることによって、肛門付近の血流が悪くなって毛細血管の集中する静脈叢がうっ血することによって生じます。

 

内痔核では、歯状線より上の粘膜下の静脈叢がうっ血して生じます。知覚神経が無い部分であるために、痛みはほとんどありませんが、ただしうっ血しているために破裂すると大量に出血を生じるようになります。その出血によって痔に気付くということも少なくありません。症状が進行すると、排便の際にいぼが肛門の外にまで押し出されてでてきたり、炎症を起こして痛みを持ち始めることがあります。

 

外痔核の場合は、歯状線より下の皮膚部分の静脈叢のうっ血によって生じます。この部分は痛みを感じる神経が通っているので、多くのケースで痛みを感じます。急性の炎症を起こしやすく、血栓が生じて激しく痛むことも多いです。

 

同じいぼ痔でも、どこにできるかでその症状がまた違っています。同じように考えてしまいがちですが、違いが明白にありますので、注意深く対応する必要があります。症状について確認ができたら、一度医療機関でアドバイスをもらい、しっかり治療を行った方が良いでしょう。特に生活習慣上の問題があれば、早めに改善するように心がけてください。