女性の妊娠期はイボ痔に注意

女性の妊娠期はイボ痔に注意

イボ痔とい痔の種類がありますが、これは正確には痔核と言います。肛門を閉じている弁となっている部分がうっ血して膨張し、それが表に出たり内側でフタをしているような状態となってしまっていて、便通などがある際にこれが刺激されて痛みを生じるのです。これが強く傷ついてしまうと、多くの出血が起こる場合もあります。

 

妊娠中に多いことでも知られていて、便秘がこのイボ痔を引き起こすこともあります。妊娠中は血流が悪くなったり、腸の動きも低下することも多く、便秘がちになる人は少なくありません。気軽に薬も飲めないタイミングで苦しむ人も多く、特にもともと便秘がちな体質の人は気を付ける必要があります。

 

少しでもリスクを減らすためには食習慣が大切です。まずはなんといっても水分摂取です。これによって便がやわらかくなることで、いきむことによる肛門付近への負担を減らすことができます。そして食物繊維を含む食品や乳酸菌などを摂取して腸内環境を整えることです。腸内環境がよくなることで、便の固さが適当なところに落ち着くようになります。

 

また、体を冷やさないように注意しましょう。体が冷えるとホルモンバランスが悪くなってしまって便通にも悪影響が生じることがありますし、内臓機能全般が落ちてしまうので腸の働きも当然悪くなります。また、血流が悪化することによって肛門付近に血がたまりやすくなるので注意しましょう。便秘が治れば基本的にイボ痔なども解消していくはずです。