お尻がかゆくなってしまうのは痔が原因?どんな種類がある?

お尻がかゆくなってしまうのは痔が原因?どんな種類がある?

肛門やお尻がかゆくなってしまう場合、色々な原因が考えられます。例えば、痔や皮膚病、湿度によってムレてしまうなどがあるのですが、今回は痔によってかゆくなってしまう原因についてお話をしていきます。痔というのは、いくつも種類があります。

 

・切れ痔
便秘などで便が固くなり、その便を排便する時に肛門が裂けてしまうことが原因の痔です。なお、下痢を何度もしてしまうことで発生してしまうこともあります。便を排出するときに少し出血してしまったり、肛門に痛みがあることが特徴です。治りかけている時に他の怪我と同じようにかゆみの症状が出てしまうことも珍しくありません。

 

・いぼ痔
肛門周辺が血行不良になってしまって、イボのような塊ができてしまうのがいぼ痔の特徴です。このいぼ痔から出血してしまったり粘液が排出されて、かゆみの症状が出ることもあります。

 

・痔瘻
大腸菌などといった菌によって、肛門の周りが化膿してしまい、膿が肌や直腸にトンネルができてしまうことを痔瘻といいます。そのため、膿が下着に付着してしまったり、膿によって刺激を受けてしまって、肛門の周りがかゆくなってしまうこともあります。

 

痔が気になってしまうのであれば、病院で詳しく調べてもらうようにしましょう。肛門鏡検査や便潜血検査などをすることで、痔だけではなく、大腸の状態を調べてもらうことができます。また、痔の治療として軟膏などを処方してもらい治療をしていくことで、改善・解消させていくことも可能ですが、必ずしも軟膏などだけで完治できるとは限りません。治療をしてもら効果が確認されない場合は、除去手術を受けなくてはならないこともあります。